公共事業・雨水貯留施設での足場施工

2019.07.11

カテゴリー:企業情報・事業内容

昨年の西日本豪雨災害をはじめ、この時期、集中豪雨などによる水害が近年各地で多発し、ニュースとなっているのは皆さんもご存知かと思います。
ワコーコーポレーションの拠点がある神奈川県厚木市でも、当社最寄駅である本厚木駅周辺の大雨による浸水被害対策事業として、駅の南側に位置する、本社から徒歩5分ほどの「あさひ公園」の地下に、雨水貯留施設を設置する工事が現在行われています。
その工事現場において、貯留施設内へ配管を設置するために必要となる足場を、ワコーコーポレーションが地下20mに組み立てました!
丸くなっている地上との出入口から梯子を伝い、階段室状の足場を降りていくと、暗がりの中に深く大きな空間が広がっていて、貯留施設の底にたどり着きます。
架けられている足場の面積は、およそ150㎡です。

20190711-1

20190711-3

20190711-6

20190711-2

20190711-5

20190711-4

公園の外からでは、仮囲いがされているため、どのような工事が行われているのか一見わかりづらいのですが、完成予想図や工事全体の進捗図、上空から撮影した毎月末の写真などが掲示されていて、工事の様子がイメージしやすくなっています。
厚木市の人気マスコットキャラクター・あゆコロちゃんも、可愛らしく工事の説明をしてくれていますよ。
当社の足場が架かっていたのは、5月~6月までの一ヶ月ほどの間でしたが、雨水貯留施設全体の工事は、2017年5月からはじまり来月8月末までの予定となっていて、もうすぐ完成ですね。
ワコーコーポレーションの足場施工というお仕事を通して、地域の人たちを災害から守ることに繋がっていると実感できる、そんな今回の現場をご紹介しました。

20190711-11

20190711-12

20190711-7

20190711-8

20190711-9

 

 

**************************************************
東京・神奈川・静岡でクサビ式足場・ビケ足場工事なら
ワコーコーポレーション(旧:和光建材工業)

厚木営業所・多摩営業所・横須賀営業所・相模原営業所・東京営業所
沼津営業所・静岡営業所・清水営業所・浜松営業所
首都圏プロジェクト事業部・東海プロジェクト事業部
**************************************************