その足もとに、未来がある 株式会社ワコーコーポレーション

採用サイト

facebook

HOME > 会社の取組 > フルハーネス導入

会社の取組Challenge

フルハーネス導入

 高所で作業をする人達にとって、安全帯は命を守るために欠かせないものです。足場施工を行う当社のスタッフも、安全帯は必ず着用しています。
 安全帯といえば、国外においてはハーネス型が一般的ですが、日本で主流となっているのは胴ベルト型です。当社でも以前は胴ベルト型の安全帯を使用していましたが、安全性の観点から早期よりフルハーネス型を導入しました。ワコーコーポレーションでは、社員・サービスエンジニア全員がフルハーネス型を着用しています。

 安全帯は、胴ベルト型の場合だと墜落時に腹部だけで衝撃を受けるので危険性が高くなりますが、フルハーネス型を使用すると荷重を身体各部に分散させることができます。また、フルハーネス型は墜落引き止め時の胴ベルトのずれ、すり抜けを防止することもできます。

 2018年に公布された関係法令改正にあたり、フルハーネス型安全帯(墜落制止用器具)の規格や使用方法、特別教育受講の必須化などが厚生労働省のガイドラインに新しく示されました。これらの法令に則り、当社でも早くから新しい規格のフルハーネス型を準備したり、特別教育を進めています。
 施工するスタッフの安全・安心を一番に考え、事故・災害を無くす為に、当社ではこれからも安全に作業できる環境づくりに力を注いでいきます。